子供の歯のケア|口内のデリケートなお悩みは矯正歯科まで|新しい毎日が待っている

口内のデリケートなお悩みは矯正歯科まで|新しい毎日が待っている

歯科

子供の歯のケア

白い歯

歯石は子供にもできます

歯周病予防は子供のころから始めることが大切です。歯垢(プラーク)は歯が生えたばかりの子供にもあります。この歯垢はやがて歯と歯茎の隙間にある歯周ポケットに蓄積していきます。蓄積した歯垢は唾液や微量の血液などによって歯石と呼ばれる炭酸カルシウムの塊として歯の表面に付着するようになります。歯石の表面は顕微鏡で観察するどギザギザとしており、その内部は歯周病菌の巣となっているためそのまま放置し続けると徐々に歯周病菌の出す毒素によって歯肉組織などが障害されることで歯周病になってしまいます。歯石は初期の段階であれば簡単の口腔内のクリーニングで取り除くことができます。子供の成長によって歯の表面に付着した歯石が歯茎内部に取り込まれてしまうと治療にも時間がかかってしまうので定期的に歯のクリーニングを行うことが大切です。

早めのケアが肝心

大阪の歯医者では子供の歯周病予防に力を入れています。まだ小さい子供の場合には歯周病の症状はほとんど見られませんが、歯周病の原因となる歯石は確実に歯の表面に付着しています。この子供のころにできた歯石は大人になっても歯の表面に残っているので、高校生や大学生など成長してから歯周病に悩まされる要因となってしまいます。そのため子供のころからしっかりと歯周病予防を行う必要があるのです。大阪の歯医者では子供でも不安を感じることなく治療が受けられるように保護者と一緒に治療を受けられる環境を整えています。治療時間も短時間で済むように配慮した治療を行っているので小さな子供でも治療を継続して受けることが可能です。大阪で子供のいる保護者の方は大阪の歯医者で子供に定期的に歯周病ケアの治療を受けさせるようにしましょう。